2008年12月21日

第16回 棲んでいる所

おやまぁ! ヌーちゃん

ごろりと よこになって・・・


s-P1030411.jpg

ヌートリアが寝ている所は、人工の浮島です。

s-R0012036.jpg

向うに見える人工の浮島は、水鳥達が沢山やって来ます。
5月になると、カルガモが雛を孵し、ヌートリアが子供を産みます。生き物にとって、安全な場所といえます。

ヌートリアは、岸へ草を食べにやって来ますが、満腹になると浮き島へ帰り、毛繕いをし、ごろりと横になって寝ます。
ここに棲息するヌートリアは、農作物被害の心配は無いようで、川岸には、ヌートリアの好む草が沢山生えています。水鳥達と共存できる恵まれた環境で暮らしています。

ヌートリアは水辺の環境に対して大きな意味を持っているようです。

農業被害が多く発生している場所は、河川や農業用水路に隣接する農地であり,とくに護岸されていないヌートリアの生息に適した場所で被害が顕著、水稲被害が大きいようです。

ヌートリアは自然度の高さを示す指標生物でもあると言われています。
在来の生態系を破壊する可能性を持ちながら、同時にヌートリアが進出できる環境は、自然度の高い河川や湖沼であるため、水辺に植物が生え、野鳥が棲める自然環境ともいえるようです。

ヌートリア 捕獲駆除以外にも対策はないものでしょうかねぇ・・・
posted by ヌーちゃん at 08:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。