2009年02月04日

第34回 ヌートリアのオスが来た

ヌーちゃん のそり のそりと

カモさん ちょこまか あるきまわって



カモと仲良しヌートリア.gif


昨年の2月、土手の上からカモとヌートリアを見かけたときの写真です。時々オスがやって来る・・・

カモと仲良くいる光景、仕種に しばし見とれました。
ここに棲むヌートリアの子育は浮島でしていますが、この刈られた葦の下には、もしかしてヌートリアの巣穴があるのかも知れません?
土手にも穴を掘っているのかも?
その様な事を想像しながら、ヌートリアを眺めていました。

まだ巣穴を見たことはないのですが、ヌートリアが引き起こす問題はいろいろと言われています。 
河川の土手に巣穴を作る。巣穴は複雑に入り組んで、土手や水田の畦が破壊される原因になる。
農作物被害がでる。
生態系を壊す等です。

ここにも問題が起きそうな予感が・・・
浮島に棲んでいるヌートリアは、メス家族ですが、オスが2ヶ月ぶりにやってきました。
いや、お父さんヌートリアが繁殖の旅から帰って来たのでしょうか?
餌さを食べるメスの様子を浮島からじっと眺めていますが、オスは人に近づいてきません。

今現在、メス2匹と子供2匹いますが、ヌートリアは年に2〜3回出産をする。妊娠期間は約4ヶ月で、平均5匹の子を産むようです。

5月頃には子供が産まれるかもしれません。
2匹のメスが子供を産むと何匹になるか?
ネズミ算式にヌートリアが増えれば、これまた問題ですね・・・

 
posted by ヌーちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112409781

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。